健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

集中力をアップさせる3つのアイテム

いやー、病気っていろいろありますね。
今日の
ドクターオズショーでは、脳の病気の一種である

「注意欠陥・多動性障害」がメインの話題でした。

 

普通なら病気とは思わない行動も、結果、病気だった・・・みたいな。

 

世の中いろいろあるもんです。

 

今日の放送内容は次の通りでした。

●注意欠陥・多動性障害
●集中力を高める3つのもの
●健康プロジェクト
●ヘルシーハンバーガー

という内容でした。

 

今回は、注意欠陥・多動性障害の方もそうでない方にもおすすめの
集中力を高めてくれる2つのアイテムをご紹介します。

 

集中力を高める3つのアイテム

 

そもそも、注意欠陥・多動性障害とはどんなものか?

よく、人の話を聞いていなかったり、
奥さんがダンナさんに仕事の帰りにお買い物を頼むと
頼んだものを買って来なかったり・・・ってよくあると思うんですが、
実は、そういう人が、注意欠陥・多動性障害なんだそうです。

 

脳の中で情報を処理できないようになっているのだそうです。

 

なので、話をしていても、聞いてるか聞いてないか分からなかったり、
こちらが話をしているのに、違う話を切り出したり・・・

 

もちろん、こういう人が全て注意欠陥・多動性障害というわけじゃなく、
ホントにボーーっとしてるだけっていう人も多いですが…。

 

でも、こういう障害や病気の人には、イラつかず、怒らず、優しく接する事が
大事なんだそうです。

 

また、あまりにも症状がひどいなら病院へ行けば良い薬もあるそうなので、
あまりにも目に見えてひどいなら病院へ行くことをすすめてあげてもいいかもしれませんね。

 

そこで今回は、注意欠陥・多動性障害の人もそうじゃない人にも

「集中力をアップしてくれる3つのアイテム」をご紹介します。

 

■朝食

まずは、朝食から考えましょう。
これから紹介する食べ物は脳に良い食べ物で、脳を活性してくれる成分が入ったもので
オススメだそうです。

●ゆでたまご・目玉焼き

卵には、コリンという脳細胞に必要な成分が沢山含まれているからです。

●ふすまのシリアル

ふすまには、脳機能を助けてくれる亜鉛が含まれているからです。
また亜鉛には衝動性を抑える効果があり、何か動く前に冷静に考える事ができるようになるそうです。

 

●コーヒー

コーヒーも集中力を高めてくれるのにいいそうです。
コーヒーは抗酸化物質が豊富なので、夜寝る前に飲まなければ健康効果が高い
たいへん良い飲み物だそうです。
コーヒーは1杯で4時間~6時間、体内に残るので朝から何杯も飲まなくても1杯で十分だそうです。

 

■高麗人参

昔から脳の刺激剤として使われてきた高麗人蔘。
脳を活性化させてくれるそうです。
副作用は全くないので、1日に100mgを2回飲むようにすると良いとのことです。

 

■雑音軽減ヘッドホン
集中力を高めるアイテムとしては最高のアイテムかと思いますが、
ネットで調べてもわかりませんでした。

 

   

 - ドクターオズショー, 健康