健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

爪でわかる病気の兆候

今日の
ドクターオズショーは次の通りです。

●アメリカの料理研究家ポーラディーンさん

●ポーラディーンのヘルシークッキング

●爪でわかる病気の兆候

●美肌を作るスーパーフード

●コーヒーの健康効果をパワーアップさせる方法

でした。

 

日本ではあまり知られていないと思いますが、
ポーラ・ディーンさん、アメリカでは人気の料理研究家なんだそうです。

 

で、今回は、

「爪で分かる病気の兆候」というコーナーがあったので、
ご紹介します。

 

爪で分かる病気の兆候

 

このコーナーでは、爪の形や変化で、体が悪くなってる事を
紹介したコーナーでしたが、ハッキリと何の病気とか、どこが悪いというのは
なかったです。

 

ただ、爪に変化が起こる事で、体の中に何らかのトラブルが起きてる事が多いので
爪の変化に気づいた時は、病院へ行きましょうということでした。

 

■甘皮・爪の周りの皮膚の乾燥

ネイルをされてる方で、甘皮を取ってる方は多いと思うのですが
これはやめた方が良いそうです。

 

甘皮の部分は、新しい爪が生まれる大事な場所なので、
甘皮は取らないほうがいいそうです。
また、甘皮をとったことで、病気に感染することもあるそうです。

 

そして、栄養成分が足りないと最初に乾燥するのが爪の周りの皮膚だそうです。
そういう時は、セラミド配合のクリームをつけましょう。
セラミドをつけると、爪の周りの皮膚を潤してくれるだけでなく保護してくれる働きもあるそうです。

 

■爪に白い点

これもたまにみかけますよね。爪に白い点が出てる人。
こういう方は、亜鉛が不足している証拠。
マルチビタミンや牡蠣などを食べて亜鉛不足を解消しましょう。

 

■バチ爪

バチ爪って聞いた事があるのですが、具体的にどういう爪なのか知りませんでした。
今日の番組で模型が出てましたが、まるっこい、爪全体が盛り上がってるような爪でした。
こんな感じ。

画像が分かりにくいですが、左側がバチ爪です。
他にもバチ爪の見分け方が紹介されました。

 

●バチ爪の見分け方

両手の中指の爪同士をくっつけて、間に「菱型」の隙間ができるか確認します。
こんな感じです。

 

赤い丸で囲ったところのように、菱型のすきまが出来ると大丈夫だそうです。

 

このバチ爪は、模型のような極端な例は深刻なものですが、
“菱型”のすきまができなかった方は、体の末端まで酸素が行き届いていない状態だそうです。
体内でトラブルが起きてるかもしれないので病院へいきましょうとのことでした。

   

 - ドクターオズショー, 健康, 健康チェック