健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

卵巣がんを予防する食べ物

昨日の放送から

ドクターオズショー、ちょっと変わりましたね。

スタジオのセットの感じも音楽なんかも・・・

今日のまとめを報告する最後のコーナーのデザインも・・・。

 

で、今日の内容ですが、全編「卵巣がん」についてでした。

 

今日の放送内容です。

●卵巣がんの初期症状

●卵巣がんチェック

●卵巣がんを予防する食べ物

●卵巣がんを予防する食べ物で作るレシピ

でした。

 

ここでは、卵巣がんを予防してくれる食べ物をご紹介します。

 

 

卵巣がんを予防する食べ物

 

■チコリ

チコリは最近では日本でも手に入りやすくなりました。

白菜の真ん中のようなチコリは生で食べますが、チコリの抗がん効果っていうんでしょうか?

卵巣がんの予防効果って凄いのだそうです。

 

オランダの女性に6万人以上の女性に調査を行ったら

チコリを食べると卵巣がんのリスクが75%減るということが分かったそうです。

 

なぜ?チコリに卵巣がんを予防する効果があるのでしょうか?

チコリには自然の抗がん物質といわれる、『ケンペロール』という成分が含まれていて

卵巣がんの細胞を殺す力があるそうです。

おまけに、がん細胞への血液供給も止めてくれるそうです。

 

効果的な食べ方は?

生のチコリと加熱したチコリでは、抗がん作用があるのは、

生で食べた方だけなんだそうです。

なので、サラダのようにして食べると良いそうです。

 

チコリを食べる量は?

半カップのチコリを週に2回食べると良いそうです。

 

■シーバス

シーバスってなんでしょう?すずきでしょうか?

イタリアで18000人の方を対象にした調査で分かったそうです、

オメガ3脂肪酸が多く含まれている魚を食べると、卵巣がんのリスクは30%減るそうです。

 

食べる量は?

1週間に2~3回、食べる量は1回につき170gのシーバスを食べると良いそうです。

 

■紫玉ねぎ

普通にいつも使う玉ねぎじゃなく、赤たまねぎや紫玉ねぎに

抗がん作用があるそうです。最低でも4つの抗がん物質が入っているそうです。

 

イタリアとスイスで行った調査では、玉ねぎを食べれば卵巣がんのリスクが

73%減ることが分かったそうです。

 

効果的な食べ方は?

これは、煮るといけないそうです。煮ることで玉ねぎの抗ガン物質が

約30%も減ってしまうそうです。

では、どのような食べ方、調理方法が効果的なのでしょうか?

それは、少量のオリーブオイルで炒めることだそうです。

 

食べる量は?

半カップの玉ねぎを毎日、生か焼いたものを食べましょう。

   

 - ドクターオズショー, ガン, 健康