健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

乳糖不耐症って?

6月21日の金曜日の

ドクターオズショーのお客さんがアシスタントのコーナーで

『乳糖不耐症』の話題がありました。

 

日本では聞き慣れない言葉ですが、

「牛乳を飲んだら、何か体不調」だとか

原因が分からない不調なんかは、乳糖不耐症の可能性があるそうです。

 

それは、いろんな食品に乳糖が入ってるからで、

何も原因は牛乳だけじゃないそうです。

 

あなたは乳糖不耐症ではありませんか?

 

乳糖不耐症の症状

 

乳製品を食べた後に・・・・

 

●お腹が張る

●ガスが出る

●下痢になる

●痛みや吐き気がある

 

乳製品を食べた後で、このような症状が出たら

乳糖不耐症かもしれません

 

日本では、牛乳をのんだあとに

「お腹がゴロゴロする」「すぐに下痢になる」っていうのはありますが、

あまり、重要視されませんよね。

でも、アメリカのケースなのか、75%の人は乳糖不耐症なんだそうです。

 

 

乳糖を消化出来る人とできない人

 

本来なら小腸にある“ラクターゼ”が乳糖を消化してくれるのですが、

腸に吸収されるのですが、

ラクターゼが正常な働きをしないと乳糖を消化できず、ガスが発生し、

吸収されないまま大腸に送られ、結果、下痢になってしまうのだそうです。

 

牛乳を飲んで、調子が悪くなる人は多いと思いますし、

牛乳を飲んで、お腹ゴロゴロだと、そんな体質だとわかるのでいいのですが、

普通の食品やお菓子などにも乳糖が含まれているので、気づかないのだそうです。

 

なので、牛乳を飲んでお腹ゴロゴロの方は

食べ物の表示を見て、乳糖が含まれているかチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

 

牛乳の代わりのオススメ乳

 

ドクターオズさんがおすすめしてたのは、

豆乳、ヘンプミルクなどだそうです。

 

また、チーズもやわらかいチーズより硬いチーズの方が

お腹ゴロゴロにならないそうです。

 

 

 

   

 - ドクターオズショー, 健康