健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

ガンと心臓病予防に食べてはいけないもの

6月6日の

ドクターオズショーの放送内容は次の通りです。

●食べ物でガンと心臓病を防ぐ

●失神の対処法

●アレルギーの治療法

●親子クイズ

でした。

 

食生活を変えるだけで、病気が良くなったり改善したりする事を紹介した

映画がアメリカで話題という事で

食生活を変える方法や食べてはいけないものなどが紹介されました。

 

食べてはいけないもの

 

アメリカでは肉をたくさん食べたり、

油物をたくさん摂ったりが当たり前ですが、

これらの食生活を続けることで、ガンや心臓病のリスクを高め

食生活を変えれば、ガンや心臓病を遠ざける・・・・。

 

今回のドクターオズショーでは、

健康のために

「食べてはいけないもの」「食べるべきもの」が

紹介されました。

 

■食べてはいけないもの(ガンの進行を早める)

それは、動物性のタンパク質だそうです。

動物性のタンパク質を摂ると、ガンの進行を早めるそうです。

 

動物性のタンパク質と言えば、「肉」と思いがちですが、魚もダメだそうです。

魚の油を摂ると、太る。

オメガ3脂肪酸は良いけれど、普通に魚を食べる分には人の体には良くないものばかりだそうです。

 

タンパク質を摂るのは、植物性のものから摂りましょう。

 

●オススメの植物性タンパク質

全粒穀物・キヌア、アマランサス、アワ、ナッツ、くるみ、ピスタチオ、アーモンド、

しかし、1番おすすめなのが、豆類。

黒豆、インゲン、うずら豆など。

豆類はタンパク質だけじゃなく、水溶性食物繊維も豊富で、

コレステロール値も下げてくれるそうです。

 

ただ、ビタミンなどが不足するので

マルチビタミンなどでビタミンを補うようにすると良いとのことでした。

 

■乳製品

牛乳だけじゃなく、チーズやヨーグルトもダメだということです。

飽和脂肪が多いのは、肉より、乳製品なんだそうです。

栄養は、乳製品以外から摂りましょう。

 

カルシウムは野菜から・・・・

ブロッコリーはカルシウムやタンパク質が豊富ですし、

ケールや芽キャベツもオススメ。

 

カリウムは果物に豊富に含まれているので

果物から摂りましょう。

ビタミンDを取り入れるのは、日光に当たること。

一番自然で良い方法だそうです。

 

■加工食品

加工食品には、砂糖や塩、トランス脂肪酸が含まれ体に悪いとのこと。

オススメは、全粒粉を使ったパスタやパンがオススメ。

果物を摂るのが良い。

 

ドレッシングも市販のドレッシングじゃなく、

レモン汁やビネガーにハーブを加えたものなどで作って野菜にかける。

これがオススメだそうです。

 

      2013/06/08

 - ドクターオズショー, ガン, 健康