健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

熱帯雨林の健康植物

5月28日の放送で

熱帯雨林療法が紹介されたのでご紹介します。

 

熱帯雨林療法と言っても、変な健康法じゃなく、

最近では、さまざまなサプリメントが売られていますが、

南米原産の植物を使ったサプリも多いですよね。

 

今回はそういった、南米原産のサプリが

効能別に紹介されました。

 

ヨーグルトとサツマイモは一緒に摂る

 

■ガラナ

“ガラナ”という名前をよく聞くと思いますが、

滋養強壮剤やドリンク剤によく入ってますよね。

 

ガラナも熱帯雨林原産の植物で、昔から滋養強壮剤として使われてきたようです。

 

ガラナには、チョコレートに含まれている事で有名な

『テオブロミン』が含まれ、これらの成分が滋養強壮に良いのだそうです。

 

また、ガラナには、コーヒー豆の250倍ものカフェインが含まれているそうで

夜に飲むのは控えた方が良いそうです。

元気になりすぎるそうです。

 

■グラビオラ

日本ではまだまだ聞きなれない名前ですが、

グラビオラを摂ると、体の免疫システムを強化してくれるそうです。

また、インフルエンザや風邪や熱などを撃退してくれる効果があるそうです。

 

グラビオラを摂ると、免疫システムが上がり体の熱を上げ、

体内のウイルスを殺し、最後には熱も下がるのだそうです。

 

■キャッツクロー

キャッツクローは、最近よく聞きますが、

痛みや炎症に抜群の効果があるそうです。

 

キャッツクローを摂ると、血液が早く流れるようになり

血液が早く傷口に届き、癒してくれるそうです。

つまり、キャッツクローを摂ると、血液の循環が高まり

治癒力が高まるそうです。

 

 

   

 - ドクターオズショー, 健康