健康オタクの健康情報ブログ

健康情報番組などで紹介された健康情報をご紹介しています!

よーいドンサンデーで紹介された正月太り予防法

今年もあと3日ですね。年末年始、食事会などが多い季節。

飲んだり食べたりが普段より多くなり、つい、『正月太り』になりがち。

 

 

「毎年正月太りで悩んでる」という方もいらっしゃると思いますが、実際、

クリスマス頃から、ケーキだの、シャンパンだのって、結局、正月太りっていうか

年末年始太りになっちゃうんですよね。

 

12月28日に放送された関西テレビのよーいドン!サンデーの

「お悩みウーマン」というコーナーで、正月太り予防法が紹介されたので

ご紹介します。

 

正月太り予防法

 

冬は、寒いし代謝も衰えがち。おまけに汗をかかないので

「冬=痩せにくい」って思ってませんか?

28日に放送されたよーいドンサンデーに出演してた先生によると

 

『夏より冬の方が代謝が良く、少しの運動で代謝が上がってエネルギーを消費しやすい状態』

 

という事で、夏より冬の方が痩せやすいそうです。

冬は寒いので、体が、体の温度を上げようとするので、少しの運動でも代謝が上がって

エネルギーを消費しやすく、脂肪も燃焼しやすくなるのだそうです。

 

太りやすい度チェック

 

あなたは太りやすいでしょうか?このチェックで自分は太りやすいかどうか確かめて。

当てはまるものが多ければ正月太りしやすいそうです。

  1. 睡眠不足である
  2. すぐにイラッとする
  3. パンや麺類が好き
  4. 部屋にこたつがある
  5. 冬なのに、冷たい飲み物をよく飲む
  6. 太ってる友だちが多い
  7. 虫歯がある
  8. スーパーでの支払いはクレジットカード払い

 

チェック結果

  • 0~2 一応セーフ。でも油断は禁物です。
  • 3~5 年末年始でぽっちゃりさんに大返信!
  • 6~8 正月明けに体重激増の危険性大!

だそうです。アナタはいくつ当てはまりましたか?

1つ1つ解説していくと・・・・

 

  • すぐにイラッとする・・・ストレスが溜まると、体が栄養を溜め込もうとしてエネルギーを消費しにくくなるそうです。
  • パンや麺類が好き・・・パンや麺類のような小麦を使ったもにはグルテンが多く含まれていて、このグルテンが日本人には消化しにくく、太りやすい原因になるそうです。他にも小麦粉は腸を内壁に溜まりやすく代謝が悪くなり、冷え性の原因になると言われているそうです。
  • 睡眠不足・・・よく寝ると、成長ホルモンが分泌されて、代謝を促して痩せやすくなりますが、睡眠不足だと食欲を増進させるホルモン(グレリン)の分泌量が増えて食べ過ぎてしまい、結果太ってしまうそうです。

 

太りにくい食べ方 プレミール習慣

 

食事の前に軽く何かを食べておくことを『プレミール習慣』というそうです。

食事の前に1アクションを行う習慣をつけると

痩せやすい状態を手に入れることができるそうです。

 

例えば、豆乳、野菜ジュースを飲んだり、ヨーグルトを食べることで、血糖値が上がるのを抑えてくれて、

脂肪をつきにくくしてくれるそうです。

 

痩せやすい食べる順番

 

最近では、「サラダから食べると痩せやすい」とかよく言われるようになりました。

年末年始の食事会でも痩せやすく、太りにくい食べ方があるそうです。

 

《立食パーティー編》

 

グレープフルーツ・サラダ・カルパッチョ・ローストビーフ・パスタ

立食パーティーでこのようなお料理が出たら、この順番で食べましょう。

 

グレープフルーツには血糖値の上昇を抑える成分が入っていたり、グレープフルーツの香りが

食欲を抑えてくれるので、グレープフルーツがある場合は先に食べるのがオススメ!

 

《おせち編》

 

お正月におせちを食べる方も多いと思いますが、おせちの食べ方も工夫次第で痩せやすくなるそうです。

なます・ごぼう・数の子・ブリ・里芋

この順番で食べると、太りにくいそうです。

 

《お雑煮編》

 

お雑煮も、まずは、お雑煮に入ってるお野菜から食べて、その後にお汁を飲んで

最後に炭水化物であるお餅を食べます。

 

あとは、簡単なストレッチが紹介されました。

両腕を上に上げて、手の甲を頭の上で合わせるストレッチや(鳥の羽のような動き)

足を前に投げ出して座り、上も前に出します。そのまま後ろへ倒れていって、お腹がブルブルしたらストップ!

文章では分かりにくいのですが、こんな感じのストレッチが紹介されました。

正月太り1

この体勢でお腹の肉がブルブルになったところで止めて数秒そのまま。

 

正月太り3

正月太り2

正月太り4

両腕を上下に動かすストレッチです。

肩を上げずに、肩甲骨が動くのを意識しながら行って下さい。

肩甲骨周りが温かくなると、脂肪燃焼効果がアップします。

正月太り5

 

体育館座りの姿勢で、後ろに両腕をおいてお腹やお尻を上げていきます。

この状態で数秒、背筋が鍛えられるそうです。

また、この状態で腕を曲げ伸ばしすると、二の腕プルプルに効果的だそうです。

 

ちなみに、ドクター・オズ・ショーでは

『空気椅子』のストレッチが、ぽっこりお腹に効果的と紹介されていました。

 

 

ドクターオズさんもオススメのダイエットサプリ

 

12月29日にDlifeで放送されたドクター・オズ・ショーで紹介された

ダイエットサプリです。

 

●グレープシードエキス

グレープシードエキスは、代謝の要である、体内のミトコンドリアを活性する働きがあり、

ミトコンドリアが元気になると代謝がアップして痩せやすくなるそうです。

1日に150mg摂るとよいそうです。

 

また、グレープシードエキスには足のむくみを解消してくれる働きがあることが

分かっているそうです。

 

ちなみに、以前、某有名モデルの方が、美容と健康のために

ミトコンドリアウォーターを飲んでるってテレビで言ってました。

やっぱり代謝がアップして痩せやすくなるそうです。

>>>グレープシードエキス

>>>老化と病気に挑戦する水ミトコンドリア活性水「ミトコンドリア・パワー」

      2014/12/30

 - よーいドン!, 関西テレビ